FX自動売買システムのメリットとデメリットや、「裁量取引」の違いについて。

FX自動売買システムは、プログラムを利用することにより、自動的に売買取引を行ってくれるものです。最初の設定さえ行えば、誰でも簡単に取引を進めていけます。

プログラムが24時間相場状況を監視して注文を出してくれるので、普段忙しくてなかなかチャートをチェックする時間がないという人でも、タイミングを逃さずに取引ができます。

また、優秀なEAを使うと、長期的に利益を出してくれます。

FXの自動売買取引のメリットとデメリット

FXの自動売買のメリットは、24時間休みなくが取引できることです。また、人の判断を必要とせず、設定した条件に従って注文を出してくれますので、利益の深追いにより利確のタイミングを逃してしまったり、損切りに踏み切れずに損失を拡大してしまったりすることを防げる点もメリットになります。

「自動売買取引」と「裁量取引」の違いとは?

裁量取引とは、経済指標や政治などのニュースやチャートの分析により、ユーザー自身が取引タイミングを判断して取引をする取引のことです。

相場が予想した通りの方向に、大きく動けば多くの利益が得られますが、予想外の方向に相場が変動して損切りのタイミングを逃すと、損することもありえます。

しかし、自動売買は、一定の売買ルールを実行するように組まれたプログラムが機械的に売買処理を行います。

設定した条件が、相場に適したものであれば、大きな利益が得られるでしょう。

経済指標前に自動売買をオフにして、リスク回避をすることもありますが、この時に裁量取引の感覚が必要です。例えば、RSIや売られすぎ、買われすぎ、チャートの形などで判断して、自動売買をオフにする前に、利確もしくは、損切をします。